ユーザ名もSEOを考えて選ぶ?

ユーザ名もSEOを考えて選ぶと効果的かもしれない(根拠なし)



概要
このブログは「のブログ」の動作確認および利用案内をご説明するサイトです。



企業情報
株式会社NTTデータ・スマートソーシング
〒135-8677
東京都江東区豊洲3-3-9 
豊洲センタービルアネックス 4F

関連サイト

カレンダ
2004年6月
   
26
     

アーカイブ
2004年 (111)
4月 (35)
5月 (28)
6月 (29)
7月 (11)
8月 (1)
10月 (1)
11月 (6)
2005年 (18)
2月 (2)
3月 (1)
4月 (1)
5月 (3)
6月 (5)
7月 (1)
8月 (4)
10月 (1)
2007年 (1)
11月 (1)
2008年 (1)
3月 (1)
2012年 (1)
2月 (1)
2013年 (2)
1月 (1)
9月 (1)
2014年 (4)
3月 (1)
4月 (1)
7月 (1)
9月 (1)
2015年 (2)
2月 (1)
4月 (1)
2017年 (1)
4月 (1)

アクセスカウンタ
今日:1,480
昨日:1,560
累計:2,361,941


2004年06月26日(Sat)
ユーザ名もSEOを考えて選ぶ?
この前(と言っても少なくとも1週間以上前)、Googleの検索結果で表示されているURL文字列も検索語と一致する場合には太字になっていることに気づきました。(実際はずっと前から?)

例えば「sem」で検索すると、

www.sem-seminar.com/ - 12k - 2004年6月24日

みたいになっています(実際には赤字ではない)。

昔から欧米のSEOでは「ドメイン名やディレクトリ名にキーワードを含めると効果がある」と言われていましたが「日本語じゃぁな〜」と軽く見ていました。

で、のブログの話ですが、ユーザ名部分がサブドメインになるのでもしビッグキーワードが英語であるショップの方は念のためにそのキーワードを含むユーザ名にしてみては如何でしょうか?。